歯科衛生士ってどんな仕事をしている人なの?

歯科衛生士ってどんな仕事をしている人なの?

歯科衛生士と歯科助手の違いについて

歯医者さんに行って歯科衛生士さんのお世話にならなかったという人はいないのではないでしょうか。ここでは歯科衛生士とはどのような仕事をする人なのかについて解説します。歯科衛生士とは、歯科医院で主に歯科医師の治療を補助する仕事をしている人のことを指します。患者さんの現在の歯や歯肉の状態をチェックしたり、治療前などに歯石を除去したりといった予防処置や、歯科医師が治療しているときに吸引機を使ったサポートをしたりといった業務をおこないます。また、小学校や幼稚園などで歯磨きの指導をするのも歯科衛生士の大事な仕事です。歯科医院では歯科衛生士の他に歯科助手という役目の人も居ます。歯科衛生士と、歯科助手の大きな違いは、患者さんの歯や口に直接触ることができるかできないかです。歯科助手の主な業務は患者さんの予約などの受付や料金の精算業務などの事務的な事と、治療に必要な器具の準備です。患者さんの口や歯に直接触れることはできません。

歯科衛生士になるには国家資格が必要

どうして歯科助手は患者さんの口や歯に触れることができなくて、歯科衛生士は触れることができるのかというと、歯科助手になるためには特に資格が必要ないのに対して、歯科衛生士は国が定めた国家試験に合格しないと、資格を所有することができないからです。歯科衛生士になるためには全国にある歯科衛生士になるための勉強を専門におこなう学校に入学し、必要な知識や技術を習得して試験に合格する必要があるのです。

歯科衛生士の募集をかけるには、一般的な求人サイトではなく、歯科衛生士専門の求人サイトに情報を載せると、効率良く人材を見つけられます。