単身赴任に最適?マンスリーマンションで始める一人暮らし

単身赴任に最適?マンスリーマンションで始める一人暮らし

単身赴任では住居選びが問題になりがち

会社から赴任を求められたときに家族と離れて単身赴任をするケースがあります。パートナーが働いていたり、子供が学校に通っていたりすると引っ越しするのがはばかられるでしょう。数ヶ月から数年で戻って来られることがわかっているなら単身赴任にしようと考える傾向があります。ただ、短い期間の単身赴任の場合には住居選びが問題になりがちです。赴任期間が終了した後は自宅に戻れると考えると、家具や家電を手配するのも厄介でしょう。賃貸住宅の家賃は会社が持ってくれるのが普通ですが、家財については自分で負担するケースもよくあります。この悩みを解決できる手段として魅力的なのがマンスリーマンションに住む方法です。

マンスリーマンションで単身赴任をしよう

単身赴任ではマンスリーマンションを使うと様々なメリットがあります。マンスリーマンションは家財が一通り揃っているので購入する費用負担も手間もありません。入居した日からすぐに生活できる環境が揃っているため、赴任日から働き始めなければならない場合でも問題はないでしょう。マンスリーマンションは定期の賃貸契約になるため、支払いをするのは家賃や管理料です。会社が経費で負担してくれるのが普通なので、単身赴任にかかる住居関連の費用の自己負担を抑えられます。都心近くでは主要駅付近を代表として物件の数も多く、立地の良いところに住める点でも魅力的です。赴任期間中は仕事もプライベートも充実させやすいところに住むことができるでしょう。

マンスリーマンションのサービスは日本では1980年代から始まったとされています。労働者は転勤で各地を移動する機会が増えていたという時代の状況も影響して、利用者が増えていきました。