期間工は工場での仕事の典型例!二つの特徴を押さえておこう!

期間工は工場での仕事の典型例!二つの特徴を押さえておこう!

期間工は工場で一定期間だけ働ける

期間工は戦前からよく選ばれてきた働き方の一つで、工場で作業をする仕事です。期間という名前が付いているのは期間限定で働く契約になっているからです。農業や林業をしている人たちが出稼ぎで工場で働いていたのが始まりとされていて、農業や林業のできない冬の期間だけ働くのが原則でした。その名残で現在でも募集されているのが期間工なので、雇用期間が決まっているのが一般的です。希望すれば期間を延長できる場合も多いですが、原則として最初に協議をしていつからいつまで働くのかを決めます。その期間中は労働基準法の範囲内で長時間働くことになる場合が多く、短期間でまとまった収入を得たい人に向いている仕事として知られています。

期間工は住居の不安なく働ける

期間工のもう一つの特徴として住居の不安がないことが挙げられます。期間工として働くときには住居をどうするかが悩みになりがちです。賃貸物件を契約しても途中で解約しなければならないでしょう。ホテルや旅館に泊まっていては費用がかかりすぎてしまいます。そのため、期間工を雇っている工場では寮を完備していて、安い寮賃で泊まることができる場合がほとんどです。数ヶ月だけ働くようなときに引っ越しをするのはとても大変でしょう。その点も考慮して便宜を図っているのが一般的な期間工の求人です。寮賃が全くかからないこともあれば、一部だけ補助されることもあります。求人に応募するときには寮の扱いについて詳しく確認しておくと良いでしょう。

期間工は、契約期間が限られています。契約期間は最長でも2年11ヶ月と決められています。仕事内容は正社員と同じ仕事をやります。